役立たずな飼育方法や遺伝学

遺伝因子の名前は時間の流れの中、意味が変わったりしている。そうやって、いろいろな飼育者の解釈を潜り抜け、未だに使われている因子名を整理しようと試みたのがこのページだ。因子名は大切なグッピーを記録する飼育ノートのキーワードとして使うには便利だが、立派なグッピーを仕上げるには役に立たないワードだと思う。
忘れて欲しくない事は、生き物の世界には絶対の結果はありえないことだ。遺伝学は交雑結果の答えにはならないことを忘れてはダメだと思う。

ここの内容はネットから集めた内容が多数あり、管理人の勝手な解釈も多数入っています。 また、数年にかけてこのページを追記しますので、過去に間違った考えを書き込んで、訂正してない部分もあります。ご注意あれ!^_^

遺伝学的なアプローチ

交雑の因子的イメージや飼育環境など

グッピーの遺伝因子

グッピーの品種